KANAZAWA
FILM FESTIVAL
SCHOLARSHIP カナザワ映画祭
「期待の新人監督スカラシップ」

あの時の僕にとって、
彼女は永遠だった。

この企画は、カナザワ映画祭の助成金
(スカラシップ制度)を元に、
金沢を舞台とした映画プロジェクトです。

表面上の優しさでしか人と関わらず、自分に無欲な慎一。
愛に飢え、好きな人のかつての面影にすがる凛。
執拗に過去の彼女を引きずる朋希。

とある街の片隅に住む、どこにでもいるような愛に怯える若者たちのこれからを、
『愛うつつ』の監督・葉名恒星が描きます。

あらすじ

金沢のとある街にあるリサイクルショップで働く慎一(27)は、
過去の彼女をずっと引きずりながら雀荘で働く朋希(26)と
街の外れのアパートで共同生活を送っている。
スナックBar で働く朋希の妹・凛(22)と慎一、朋希は仲の良い関係であった。

「ねえ、慎さん。えっちしよ?」

ある日、慎一に放った凛の一言。
慎一は、凛のことを特別に想っているからこそその誘いを断るが、
その時凛のお腹には子どもが出来ていた。
相手は、朋希の働く雀荘のオーナーかつ妻子持ちの男・弘志(38)だった。

この出来事をきっかけに、雪崩のごとく崩れる3 人の関係。
どこにでもいるような、愛にもがく若者たちは何を感じ、何を守りたいのか。

3人は目を逸らし続けていた現実に対峙する時がくる。

キャスト紹介

岩田朋希 / 細川岳
慎一 / 海上学彦
STARDUST PROMOTION Inc.
岩田 凛 / 兎丸愛美
上野弘志 / 高野春樹
中田麻美 / 白子
ワンダーヴィレッジ
武内良太 / 田中爽一郎
松浦 咲 / 花影香音
イトーカンパニー
山本明歩 / 川添野愛
オフィスメイ
西本美穂 / 佐藤あみ
前島 晃 / 宮城大樹
スターレイプロダクション
上野さとみ / 南ユリカ
エージェントオフィス タクト
水野あかり / 三橋栄香
JINYA

監督プロフィール

監督:葉名恒星 Kosei Hana

監督:葉名恒星 Kosei Hana

1992 年生まれ、広島出身。
高校卒業後、東京学芸大学表現コミュニケーション専攻に進学。
舞台芸術をはじめとする一般芸術を学ぶ。
その後、映画学校ニューシネマワークショップを受講。
現在は、フリーランスとして WebCM 等の制作 会社にて制作・ディレクターを勤めながら、自身の自主映画制作活動を行なっている。
自身初長編として挑んだ本作『愛うつつ』であるが、カナザワ映画祭 2019「期待の新人監督」・第 20 回 TAMA NEW WAVE コンペティション部門等にて上映されている。

監督作品歴

監督 / 脚本 / 編集『どうしようもないほど、分かってんねん。』(2017年)
Movies-high2018 にて上映

監督/脚本/編集『愛うつつ』(2019 年)
カナザワ映画祭 2019 期待の新人監督ノミネート / 第 20 回 TAMA NEW WAVE コンペティション部門ノミネート
NEW CINEMA WEEK TOKYO2020 プレミアナイト上映 / 第 2 回 Rising Filmmakers Project 次世代を拓く日本映画の才能を探して 上映他劇場公開予定

映画製作へご支援いただける方を
募集しております。
詳しくは以下のリンクより
ご確認ください。